育児

授乳中に歯医者で親知らずを抜歯しても大丈夫?体験談

授乳中なのに、親知らずが痛むことはありませんか?歯医者に行ったり薬を飲んだりしても大丈夫なのでしょうか?ここでは、私自身の体験談を交えて、授乳中の抜歯についてお伝えしていきます。

授乳中の歯医者は大丈夫?親知らずの抜歯とは

授乳中でも歯医者に行くことは可能です。ここでは、授乳中の親知らずの抜歯について、注意すべきことをお伝えしていきます。

授乳中の親知らず抜歯で注意すべきことは、麻酔や薬について抜歯後の痛みについての2点です。

  • 麻酔や薬について
  • 抜歯後の痛みについて

授乳中の親知らず抜歯で注意すべきことの1点目は、麻酔や薬についてです。麻酔や薬の成分が、母乳に移行する恐れがあるからです。

抜歯では例えば、抜歯時に使用する麻酔、抜歯後に処方される痛み止めや炎症止めなどの抗生物質が、挙げられます。

これらは、授乳中でも比較的安心して使用できるものがある場合があります。医師に、自分が授乳中であることをあらかじめ申し出るようにしてください。

授乳中の親知らず抜歯で注意すべきことの2点目は、抜歯後の痛みについてです。個人差はありますが、親知らずを抜いた後2、3日程度、痛みが続くことがあるからです。あまりにも痛むときには、歯医者から処方される痛み止めの薬を飲むことができます。

しかしながら、痛み止めの薬は、授乳中でも安心なタイプを選ぶと、効力が比較的弱めになってしまいます。

ただでさえ育児で大変な中、親知らず抜歯後の痛みを耐えるのは、もっと大変なことです。そのためできるだけ体調が良い時を選ぶようにするのがお勧めです。

以上のように、授乳中の親知らず抜歯は、注意すべきことに気をつければ、薬の成分が母乳へ移行するリスクを下げることができます。しかしながら、リスクをゼロにすることは難しいので、心配な場合は、産後1年以上たって、卒乳をする頃に受診することをお勧めします。

授乳中に歯医者へ行って親知らずを抜歯する必要はある?

そもそも、親知らずを抜く必要はあるのでしょうか?生え方によるため、一概には言えません。基本的には、急いで今すぐ抜かねばならない、ということはないようです。

親知らずを抜いた方が良いという意見には、次の主な理由があります。それは、将来の歯周病や虫歯リスクになるから、という考え方です。

親知らずは、真っすぐ生えることが珍しいため、たいていは、他の歯を邪魔します。それによって、歯磨きがしづらくなり、磨き残しが出やすいのです。

歯を毎回丁寧にきれいに磨いていれば、問題はありません。けれども、真っすぐ生えていない親知らずをきれいに磨くのは、難しいものです。

結果、親知らず自体やその付近は、いつか虫歯や歯周病になるリスクが高いと言えます。

いずれ問題が起きる可能性が高いのであれば、先に抜いてしまおう、そういう考え方です。

授乳中に歯医者で親知らずを抜歯!体験談

ここまで授乳中の親知らず抜歯について、基本的なことをお伝えしてきました。ここからは、実際に、授乳中に親知らずを抜歯した、私自身の体験談をお伝えしていきます。

私が親知らずを抜歯したのは、我が子が生後10か月の時です。右上の親知らず付近が、急に痛み出したのがきっかけです。

授乳中であることが心配でしたが、とにかく歯医者へ駆け込みました。

医師の診察結果は、「右上の親知らずを抜歯するべき」というものでした。

授乳中であることは、あらかじめ問診票に記入していました。医師の話によると、麻酔の成分が母乳中へ移行する恐れはゼロではないが、大きな影響は限りなく少ないとのことでした。

また、通常処方される、炎症止めの抗生剤は、必ずしも飲む必要はないそうです。万が一、抜歯跡が痛む場合は、痛み止めを飲むことになるが、それも、授乳中にも飲めるような安心できるものを処方するとのことです。

もし、「麻酔を打ったり薬を飲んだりするのは怖い」という場合は、しばらくの間、授乳はお休みすることも選択肢の1つであるようです。

これらの説明を一通り聞いた後、私は親知らずを抜歯することにしました。

私の場合、少し斜めに生えているくらいで、抜くのに難しくない親知らずでした。そのため、麻酔をしてすぐに問題なく抜くことができました。麻酔時に歯茎に打つ注射は、少し痛む程度で、その後は、麻酔が効くために、痛みはありません。

抜歯の際は、大きな器具が口内に入り、ぐりぐりと動かすので、怖い気持ちになります。けれども、すぐに終わります。私の場合、麻酔を打って、徐々に薬を追加し、効力が表れるのを待つのに10分程、歯を抜くこと自体は、3分程で終わりました。歯医者での合計滞在時間は、1時間程でした。

帰宅後は、特に抜歯跡が痛むことはありませんでした。当日だけ、出血が止まらなくなるのを防ぐため、過度にうがいをすることを避けたくらいです。歯医者へ再び行くこともなく、快適に過ごせました。2日程、抜いたところから少量の出血がありましたが、食事は問題なく取れました。

歯医者に行く前には不安だったのですが、結果的に、親知らずを抜いてよかったと感じています。私の場合、親知らずがない方が、違和感なく普通に食事を楽しむことができました。

親知らずの生え方は個人差があるため、一概には言えませんが、是非参考にしていただければ幸いです。

まとめ

ここまで、授乳中の親知らず抜歯について、心配なことをお伝えしてきました。私の経験上は、あまり不安になる必要はないと言えます。ただ、個人差はありますので、是非参考程度に留めていただければ幸いです。

  • 授乳中でも、親知らずの抜歯はできる
  • 薬の成分が母乳へ移行するリスクは完全には避けられないので、不安であれば、卒乳後に検討することがお勧め